Everything's Gonna Be Alright
ベーシスト柳原旭の気まぐれチャンネル                
カウンター
Akira Yanagihara

ackie1969

Author:ackie1969

MENU
Mail to Akira

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の記事
ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんか週の半分以上は渋谷行ってる気がする者です




今日は某タレントさんのプロモ撮影でした。

Studio
全体録り後の個別録り時のジュンヤ。





お仕事終了ー


え~いつ頃からオンエアかは、あ、わかんないや。
知らないうちにTVで流れてるかもね。




で、なんとmixiで私 柳原旭のコミュができましたなんと。

応援、冷やかし、社交辞令、 etc...
よろしかったらドーゾ。
コチラ↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2841177






で、今日は、せっかくmixiの話題になったので、めずらしく少しマジメに書きたいこと書くことにする。



「mixi」、、
今や参加数何百万人の日本最大級の「ソーシャルネットワーキングサイト」(←コピペ)
個人個人の情報を共有したりするようなネット上の個人スペースみたいな。ダメだ説明へた。


で、それぞれがミクシーネーム(ニックネームみたいな)で参加するんですが、
その俺の今のミクシーネームは「あきらinベイダー」なのね。

でも、もともとはダースベイダーリスペクトなので「あきらベイダー」ってミクシーネームだったんですわ。
この恥知らずなネーミングセンスに我ながら脱帽。


実はこのわずかな変更の裏には、自分の中では大事な理由があるんです。






俺の大事な音楽仲間の一人、S(仮名、東京都在住、アヒル口)
Sとのライブの日、Sのお母さんは見に来てくれた。


「ああ、あきらインベーダーさん。。
娘からずっと話を伺ってました。ずっと会いたかったです」

そう言って素敵な笑顔で語りかけてくれて握手をした。


「インベーダーはゲームでっせ!」
そう言いかけたけど、お母さんのやさしい顔を見た後では、全くもってどーでもいいことだった。




そのお母さんはもうしばらくの間、闘病生活を続けている。

もっとも俺が病気のことを知ったのはその初めて会ったライブの後。
聞けば、その日のライブを心待ちにしてたのだが、直前になって体調が悪化して「今日行けないかもしれない」と涙目でSに伝えたという。

でも、来てくれた。楽しみにしてくれていたライブに来れたからこその笑顔だったのかな。



素敵なお母さんなんです。
Sの家族の、愛に満ち溢れた家庭はホントに素晴らしい。




初対面の人にも心からのやさしい笑顔をくれる。
これって実はすごいことだと思う。

その人がどんな人で、
どんなことで喜びどんなことで怒り、
そのどれも知らないし、信頼もなにもないわけだから。

それでもそんな人が居る場には愛とやさしさに満ち溢れてる。




地方へ演奏しに行く時にも感じる温もりだけれど、なんで初めて出会ったどこの馬の骨かもわからない若者に、こんなにやさしく温かく迎えることができるのか。


そんな心からきれいで温かい笑顔に対等に応えられるほど、きれいな人間性を俺は持ち合わせていない。



でも、そんな笑顔で接してくれる人は俺は大好きで、
そんな周りの人たちに支えられて音楽をやってる俺としては、
やっぱ何かを与え続けたいわけで、


お母さんが少しでも元気になるために俺が出来ること、と言ったら

「日々全開で、人や世間に向けてベースを通して何か(人によって違うとは思います。元気だったり、勇気だったり、温もりだったり)を与え続けること」と、

「せめてお母さんが覚えてる自分の名前のまま活躍すること」、と思ったんす。




だから「あきらインベイダー」





たかがミクシーネームですが、なんかそう思い立ったんで。
自分の気持ちには正直でいるようにしてるんで。
本能に従うようにしてるんで。

だから、毎日がんばる。ふんばる。



またライブに遊びに来てお母さんが素晴らしい笑顔を見せてくれる日を心待ちにしてます。

他の皆さんも、もちろん












スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。