Everything's Gonna Be Alright
ベーシスト柳原旭の気まぐれチャンネル                
カウンター
Akira Yanagihara

ackie1969

Author:ackie1969

MENU
Mail to Akira

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の記事
ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.07.31_23:52
七月も終わりっすね


軽井沢も行ったけど、
湿度も温度も思ったより変わんなかったっす。


もはや「避暑地」って名前も返上しなけりゃいけないぐらいどこもかしこも暑い



もうね南の島と体感温度変わらないの

日本はいつから亜熱帯になったんだろーか




そんな暑さの中、ここ一週間はリハとライブ三昧
房さんのとこでも一緒の鍵盤奏者加藤エレナさんのソロユニットでブリブリ弾きまくったり
3回目になるドラマクイーンでルンヒャンVS澤田かおりの熾烈なギスギスヌルヌルした争いを横目で見たり
軽井沢ジャズフェスで苦手なジャズを勢いで乗り切ったり


濃いライブ続いてました



昨日の海野あゆみグループも大盛況


ってことで、7月は同じ現場で何本もライブするというより毎日違う現場、それもセッション系のライブも多かったのでそれこそ7月だけで100曲以上は譜面さらったんではないでしょーか





なのでリフレッシュするためにわざと1駅2駅分早く降りて散歩して帰ったりしてます


で、偶然見つけたレコード屋に元祖アナログリズムマシーン、リズムBOXが

Sly&the Family Stoneや当時のテクノユニット等がこぞってしようしていたこの名機


それを使った曲の中でも好きなのはコレ

Shuggie Otisの名曲


めっさメロウやわぁ〜


スポンサーサイト

2012.07.23_22:04
梅雨明けしましたね


いよいよ夏本番!のカラッカラに晴れた数日に催された近藤房之助1968バンドRec

最強の晴れ男の房さんは子供の頃から傘持った事ないらしい
さすがすぎる



てことで鍵盤、ベース、ドラムのリズム隊は無事全曲録り終わりました



自分の至らない部分もしっかり見えてはぐれメタル10匹倒したくらいの経験値は得れたんじゃないでしょうか
c86b564f.jpg
※ドラクエのモンスターで倒せばめっちゃ経験値もらえる。でもすぐ逃げる






某有名アーティストも御用達の素敵なスタジオ

なんてったってスピーカーも顔に見えちゃいますから





オルガンもレスリースピーカーで録ります
モデリングしたオルガンシミュレーター系のプラグインでも充分良い音で録れるようになってきた昨今、それでも生のレスリーの空気感は比べ物にならないくらい最高なのです




そしてドラムには夥しい量のマイク
ブルースというジャンル故、空気感をもいかに封入するかということで、エンジニアさんも試行錯誤されてました





極めつけはコレ↓

今回、全曲スタジオのドア開けっ放しで録音
それはこのマイクでもドラムサウンドを拾うため

でも気をつけないと街の夕方のチャイムの音が入っちゃう笑





fc2blog_20120723214256abc.jpg
メンバー撮影中





とにもかくにもめっちゃくちゃ勉強になったし何より楽しかった
良い経験させていただきました。

まだいろんな作業に立ち会いにスタジオに行く予定ですが、出来上がりが非常に楽しみです





めまぐるしい七月も佳境
最後まで楽しんで八月を迎えまっせ



あ、先日演奏に行ったパークハイアット東京の景色

バカと煙同様、高い所が大好きなやつ

2012.07.16_21:18
ミュージシャンの生活サイクルのひとつとして

「資料である音源や譜面をいただき→音源を聴きながら譜面と照らし合わし→リハーサルスタジオでリハを数回重ね→ライブ本番を迎える」

という流れがある



今日の資料はマニアックな古いBluesの曲達


古いBluesを聴いてると妙に安心する。
なんでかはわからないけど笑

と同時に7年程前に音楽仲間で行ったメンフィス〜ナッシュビル〜シカゴとアメリカを縦断する旅を思い出す。




このブログにも何度か登場してるChuriStaの中村康太。(→前日記参照
今や若手ギタリスト&チェリストの両刀使いで大活躍してる伊藤悠甫。
そして(良くも悪くも笑)酒とロックに溺れた爆裂ドラマー、島山穣。


そんなメンバーでソウル、ブルース、サザンロック系の、まぁわかりやすく言うと少し「泥臭い」サウンドのバンドやってたため、
じゃあルーツを追おう!!ってことで計画されたアメリカの旅




ブルース生誕の地をはじめいろいろまわり、文字通りルーツを追うツアー
(当初はニューオーリンズも行く予定でしたがあの悪夢ハリケーンカトリーナの被害の直後だったので断念しました泣)


古いBluesを聴いてていろいろ思い出し、おもむろにPCのフォルダを漁り出す。
音楽と匂いは過去の記憶を鮮明に甦らすね笑

また行きたいものです





DSCF034430.jpg

DSCF040030.jpg

d6c7526.jpeg

DSCF039820.jpg

DSCF036230.jpg

DSCF036430_1.jpg

1129962273.jpg

DSCF041430.jpg

DSCF041730.jpg

DSCF043230.jpg

DSCF044330.jpg

DSCF048130.jpg

DSCF050030.jpg

DSCF047230_1.jpg



てことで

明日からのBluseRecがんばります




前回の記事から約10日



おマメちゃんに更新しますよ、と意気込んだ男の割には
なんたる体たらく



それもそう

連日のライブやらリハやらで手を酷使しすぎててね、もともと腱鞘炎持ちだから


指立て伏せとか、
PCに向かってキーボード打つとか、
Princeのライブ映像見ててテンションあがりまくって部屋の中動き回って踊りまくって、下の階の方から来た苦情に対して「やだな〜こわいな〜」って稲川淳二のモノマネで応対するとか

そういった類いの事は医者に止められてるんです




ってことで、写真もたくさんあるので写真と共にここ10日間を駆け巡ろうと思います
(あ、写真それぞれいただきました。ありがとうございます)


まずはこのブログでも再三登場してるBE Choirのリリースパーレー


総勢700名以上のお客さんが集まり、文字通り超満員となった当日

BEメンバー、スタッフ一同、演出から舞台監督まで担当した戎谷俊太の尽力もあってかリリースパーリーとしては大成功だったように思う
562721_415265641859541_727439335_n.jpg
ドカラフル


487938_247193335392955_973962873_n.jpg
おきゃっさんも大盛況


o0800060012057754539.jpg
主宰も絶好調


fc2blog_20120709214401f1e.jpg
ダンサー陣も絶好調



BEはとにかく面白い人材が揃ってる

そんな奴らとひとつのイベントを創り上げれるのは大変幸せな事だし
音楽のプロ同士だけが揃った現場では得られない部分も多々ある
BEでしか得られない経験

そんなメンバーの真剣さに応えるよう俺も本気120%で演奏してます
故に達成感がハンパじゃない
誰と何をやるかは関係なく「本気 対 本気」が一番楽しい


o0450033712058557947.jpg
バンドメンバー
奇才バンマス、佐山こうたが今回不参加だったのがヒジョーに寂しかったが、あの曲数をみんなバッチリ演奏してくれた。


次回は8/25の神奈川県民ホール(こちらはイベントなので数曲程度のライブ)と9/15の渋谷DUOでのワンマンライブが決まってます
関係者各位お疲れさまでした。







そして翌日の超絶バイオリン奏者、門脇大輔氏率いるGraple Jamのライブ


あたくしみたいにテクニックをウリにしてないベーシストにとって、実は今関わってる現場で一番曲が難しいのがこのユニットだったりする(笑

しかし難曲ながらも、Popさが同居した楽曲群
耳で覚えてしまえばその難易度も快感に変わる
弾ききった後の達成感がこちらもハンパない

426967_242798749172063_757101853_n.jpg
皆さんお疲れさまでした

今後は夏のRecを経て9月のツアーですかね

西日本回るんでよろしくお願いします






7/5のルンヒャンライブに至っては、写真ないので地味〜な感じになっちゃいますが、、笑

さすが付き合い長いだけあって阿吽の呼吸のルンヒャントリオ(ルンヒャン、村上広樹、俺)

新曲もルンヒャン節全開の良曲に仕上がり、独特な空気感の中良いライブが出来たと思う。

よく見に来てくださるお客さんが言う「バンドの音がやさしい」ってのが自分でも少しわかった気がした

今年はうまく行けばこのトリオでもツアー回れるかな

みなさんお楽しみに!





そしてRickie-Gバンドでは4回目の参加となる広島は福山でのお寺フェス「GreenGreen Music Festival」
(→前回の様子
fc2blog_201207092145058a5.jpg
日本一の雨男のこの男の初参加で天候が懸念されたが
(ちなみにこれ撮影時のリハの日も、スタジオ近辺は大雨)


当日は雨の予報が見事覆され晴天
fc2blog_20120709214549bfe.jpg
予定の都合上めずらしくメンバーそれぞれ会場に集結
俺とRickieは福山駅から合流
1時間以上もバスに揺られ山奥へと向かう


fc2blog_20120709214719e37.jpg
会場着
日本で唯一のお寺野外フェス


fc2blog_201207092146276ad.jpg
楽屋にはバカメンバー集結してました


fc2blog_20120709214648356.jpg
カズくんもなんかおかしなことになってるし
でっかい赤ちゃん?


fc2blog_20120709214750374.jpg
出番まで庭園でのんびり
それにしても何度来てもバカでかい寺だ

出演者全員が泊まれる大部屋が奥に何十部屋もある



本番直前に激写
fc2blog_2012070921481696e.jpg
今回初参加のDragon76ことドラ君のライブペインティング
ギタリストyozoもニヤリ


最高な立地とヴァイヴスで今年も最高のフェスでした
みなさんお疲れさまでした





7月はライブ多い上に、制作や房さんバンドのRecもありましておかげさまで大変刺激的なめまぐるしい月になりそう


夏も仕事もめいっぱい楽しむ


これに尽きるね





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。