Everything's Gonna Be Alright
ベーシスト柳原旭の気まぐれチャンネル                
カウンター
Akira Yanagihara

ackie1969

Author:ackie1969

MENU
Mail to Akira

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の記事
ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.08.27_16:08
ツアーも終盤でございます


前回グルメ自慢ブログっぽくなってたこと猛省いたしましたので、
今回は違う趣の写真でお楽しみください



















気候は何となく都心の10月並み。
ボスのミスター高気圧っぷりのおかげで雨にもほぼ降られる事なく毎日カラッとした気持ちの良い気候

人も食も空気も全部が最高で、
家好きの俺が何となーく帰りたくなくなるほど。
やっぱり東北大好きですよ





で、エレナバンマスがいつの間にか撮ってて素敵に加工してくれてました。

エ「旭くんのソロアルバムのジャケットにいいんじゃない。どおですか房さん?」

房「おお、いいじゃないか!友達がいない感じがして!アルバムタイトルは『Friendless』だな」

俺「……」
スポンサーサイト

2013.08.23_03:20
ツアー順調に進んでおります


写真で伝わるかな
ツアーの様子





























ちゃんと仕事しろよって思ったでしょ?




仕事はちゃんとやってますからご安心を
毎度凄まじい経験値もらってます

でも各地の食べ物が美味すぎて美味すぎて



2013.08.19_02:57
今年も夏の甲子園と並ぶ恒例行事が終わってしまいました



今年の夏も例年以上におかげさまでかなり忙しく目まぐるしくさせてもらってますが、やっぱりこの日だけはスケジュール空いてました笑(→過去日記参照)


うーん
いつも以上に壮観




学生時代は斜に構えてて行事なんてあんま参加して来なかったから、
ひとつの行事を仲間と創り上げてく過程の中で、感極まって泣きそうな子を見るとこっちまでウルウルしてきてしまいますよ。
毎年ピュアな気持ちにさせてくれるイベントでございます




写真じゃ伝わりづらいが、
およそクラシック出身とは思えないパンク野郎とインテリヤクザ。
真ん中は良い子と思いきやかなりのド天然ちゃん。
バラバラな三人の共通項は人が良くて根がマジメということ。

いつも以上の安定感ある綺麗なハーモニーを聴かせてくれました





おなじみ最強トンカツ教授と本日のMVP



関係者各位お疲れ様でした




さ、切り替えて明日から長いツアー

眠い
ネルーー

2013.08.13_22:01


部屋はキレイなほうだが細部は汚い


キーボードの上なんか一年中とっ散らかってる
原因はアイディアを綴ったメモメモメモ


基本トラックメイク、作曲仕事関係の単語ですが
中には「ドドドド」等の擬声語だけのその瞬間しか分からない物も多々


昔のお前の脳、何が浮かんでたの?






で、先日の渋谷O-East
ムスタング先生ひさびさ出動

もうブリブリ
ブリッブリ
地を這う轟音

やっぱ洗練された音よりお古い音が好みなんですね





生のmison○(←伏せ字)は可愛かった

でも写真撮ってないんで豊満乃風さんの写真で許してね

2013.08.09_02:49
俺にとって大仕事のRec二本が無事終わって、山場一つ越えた感がございます



まずは日本が誇る若手ヴァイオリニスト、門脇大輔氏率いるGraple JAMのnewアルバムのRec。

何せ関わらせて頂いてる現場の中で1番曲が難しいものですから、緊張キンチョー
といいつつも実力以上の物は出ないし、なるようにしかならないのを知っているので、開き直って無事乗り切りましたけど





ドラムうめーな
わかっちゃいたけど




そして去年に引き続き近藤房之助1968Bandの2作目のRec。

このバンドで一年に一枚作れるなんてホントに嬉しいしありがたい限り





前回同様撮影も兼ねてます笑



クリさんはホントに自分の魅力を分かっておる



この日のアンプ、FenderBassman10。

フジロックの記事で書いたヴィンテージのAmpegの次に好きなアンプ。
ヴィンテージTubeアンプの音が一番好きなんだね。


今回はテープも同時回し

このデジタルな世の中、キレイ過ぎる質感が合わないジャンルもあるのです。
こーすることにより、アナログ時代の温かいサウンドの空気感も混ぜれるわけなんどす。
大げさに悪い言い方すると「わざと音を汚す」感じ
素敵



両作共に完成が待ち遠しいっす。
また詳細分かったらUPします。




で、昨日は制作事も何となく完成の目処が立ったので、フラッと息抜き

わんぱくレゲエQueenチャンミカのビアガーデンライブに遊びに行く

はじめてiポン5のパノラマ機能使ったぜ



やっぱ最高に息抜きが出来るメンバー



いつもありがとです

2013.08.01_02:49
どーしてもまとめて更新になってしまいますなぁ

でもここ数日のは写真も多数あるのでまとめて更新するで〜
めずらしくマメだな



とにかく先週はレギュラーで参加させてもらってる濃いぃ現場が続いた


まずはシンガーソングライター、ルンヒャンのリリースパーティ&ワンマンライブ

ミュージシャンもお客さんも
ルンヒャンが引き寄せるハッピーバイヴスピーポーが大集結

シンガーチームも仲良し感ハンパない

ソレお別れの曲だから
そんな楽しそうに歌う曲じゃねーから



1016805_475678722528654_1683314954_n.jpg
とにかく会場全体がめちゃくちゃ良い空気感
様々な愛に溢れためちゃくちゃ良いライブでした

完成したアルバムもすばらしいっす↓
http://sirfunkness.blog109.fc2.com/blog-entry-560.html
みなさんよろしく頼みますよ






そして恒例の母校洗足学園のミュージカル

スケジュールが合う時しか参加できてないけど、もう5年以上前から参加させてもらってるかな

レベルも年々上がってます
みんなホントにミュージカルが好きで集結した学生達

本番はオケピ(しつこく言うけどオーケストラピットのことだよ)の中で譜面と指揮にかじりついて一切ステージ見れないんで、舞台上で何が起こってるかはリハ中にしか見られないのが寂しいが笑

そんな難しい振り付け覚えて歌って、立ち位置まで完璧把握して
シナプスどーなってんの?
俺なんてベース弾くだけで精一杯だからホント尊敬します



この現場のドラムはもちろんこの人

大学時代からの盟友、今村健太郎
とにかく俺のベースプレイの呼吸、息づかいまで察知してくれる
「人と人」の部分で一緒に音楽できる良き理解者です



そしてこの御方

おそらく日本一笑いを引き寄せる大学教授

本来、決められたフレーズを音符通り弾かなければいけないミュージカルの伴奏の中で
ある程度譜面の音符無視して自分の感性で自由に弾かせてもらえるのはこの方の感性あってこそ。

だからこそ楽しいし、勉強になります。

今回も愛情たっぷりの演奏で公演に華を添えられたと思います。
お疲れさまでした。






で、間髪入れず苗場に移動

近藤房之助1968Band@
フジロック


次の日の出番が早いので前乗り。
少しでも見れればラッキーのつもりでワクワクはしてたが、着いたのトリのBjorkが終わる10分前

荷物置くためにチェックインした頃には時既に遅し…

あの光の元にビョークが、、
ぅぅ、、歌声とビートだけうっすら聴こえるよ、、
もはや恨めしい目つきでホテルの一室の窓にへばりついておりました




で、本番当日

サウンドチェックからのライブ本番
ゲゲゲ激写中



この日もあいにくの雨で、朝バスでステージ脇行くまでしとしと降ってたんですが、
そこはミスター高気圧、近藤房之助
房さんがバス降りた瞬間に雨がピタリと止み、ライブ本番には暑い日差しがさして見事に晴れ、
終わって楽屋に戻るバスに乗ったらまた雨降り出しました。

この話、一切盛ってません。
大げさでもなくホントにそのまま書いてます


いや〜ぁ、、、、



「晴れ男」「雨男」ってホントにあるんですね




最終日トップバッターで地面がぬかるんでた事もあって、最初はそこまでお客さん多くなかったけど
始まったら徐々にお客さんが集まってきて、最終的にはかなりの人が集まってくれました。
熱いブルースが届いたんだね。
感謝
1075510_426132017501522_254774700_o.jpg

1078590_426132027501521_850800982_o.jpg

1077879_426132277501496_1723514860_o.jpg
ほんとに音楽好きだけが集まったイベント
空気も人も最高に気持ちがよかった

さすが、日本が世界に誇る野外フェス

大盛況の後終える事ができました。
ありがとうございます。




このブログ、ベーシストも見てくれてるので、たまには機材面も

天下のフジロックはアンプのレンタルも希望通り(希望聞かれても希望通り行くイベントは少ないんす)
ヴィンテージのAmpeg
ブリッブリでサイクゥに気持ちいい音出てました。
一番好きなアンプです。




東北に贈る記念のイスにそれぞれサイン
俺のわかるかな?



記念に
1074143_426132287501495_676743233_o.jpg

しかし、このバンドはホントに変わってる

何が変わってるって、地方行った帰りに出来合いのお土産買うのはわかるけど、
このバンドのメンバーは、無農薬でおいしいとはいえスーパーで買う様な物をドッサリ買って帰る。
食が第一の生粋の庶民派バンドだ

あたくしは大豆、トマト、きぬさや、にんじん、じゃがいもを購入


めまぐるしいベーシスト業務期間が終わって明日からは三日間くらい籠って作曲&トラックメイク仕事期間なので
料理制作がんばります



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。