Everything's Gonna Be Alright
ベーシスト柳原旭の気まぐれチャンネル                
カウンター
Akira Yanagihara

ackie1969

Author:ackie1969

MENU
Mail to Akira

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の記事
ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.12.03_21:43
先日偶然you tubeで行き着いたこの動画
大好きなシンガー、金子マリさんが昭和の大名曲を見事に歌いあげてます。
kawanonagareno

てかこのブログ、いつのまにかYouTubeの動画直で貼れなくなってるなんでだ。チッキショー
なので動画はコチラです。



マリさんとはちょうど3年半前、大阪で毎年行われてるロック系ブルース系野外フェス「春一番」に山下洋輔グループで出演した時に(ロックブルース系イベントに山下グループで出てるのが相変わらずウケるが笑)舞台袖で見てくれてて、終演後話しかけてくれて初めてお話させていただいた。
それ以来、マリさんのライブにはよく遊びに行かせてもらってる。
毎回、人生で背負ってきた物全部のしかかってるような歌の重みに泣きそうになってます(笑


思えばフィリピンツアーでゴスペルシンガーの亀渕友香さんと共演した時、言葉が持つ力を初めて身を以て思い知らされた気がする。
童謡をしっとりと歌い上げる友香さんの優しくも重みのある歌声に、言い様もない感動と無意識にたった鳥肌を覚えてる。


この人達ならたとえそれがメロディがない朗読でも、おそらく同じ感動をもたらす事ができるんだろうなぁ。

歌も元を辿ればそうだもんね。
「歌詞」ではなくまず「詩」があって歌があるというか

シンガーは全員詩人であるべき、と思う訳です。



そんなマリさんが歌うこの大名曲。
自らの曲のように歌い上げてるこの深い歌声は人の心に沁みるには充分すぎるほど。
そして原曲で歌ってる美空ひばりの歌もほんとに素晴らしい

この小さい島国で形成されたJapanese Soulがたしかにここにある




この記事へのトラックバックURL
http://sirfunkness.blog109.fc2.com/tb.php/224-765c8c34
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。