Everything's Gonna Be Alright
ベーシスト柳原旭の気まぐれチャンネル                
カウンター
Akira Yanagihara

ackie1969

Author:ackie1969

MENU
Mail to Akira

名前:
メール:
件名:
本文:

過去の記事
ブログ内検索

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



iポンにして早3ヶ月。


利便性は言わずもがな、直感的に動かせる操作性とスムーズさには驚かされたもんですが





便利なアプリは数あれど、中でもShazamっていうアプリにはびっくりした。
教えてもらった時、なんつーか12,3年前くらいに売れた某ヴィジュアルバンドが真っ先に浮かんだけど、とにかくこれがすごい。


なんと店とかラジオでかかってる知らない曲を、マイクで拾って聞かせて誰の何ていう曲か当ててしまうというアプリなのでございます。


面白くて、知ってる曲で試したけど、ほぼ全ての曲が一致したスグレモノ





CD屋とかカフェでBGMに耳奪われて
「あれコレなんて曲?店員さんに聞いても有線だから知らないってすぐ感じ悪く言うし、、」
って経験、皆さんもあるでしょ?


そんな時大変便利、なヤ~ツ。






ただね、
一枚だけ、あるお店に焼いていただいたコンピCD
(普段カフェでもどこでも気になった曲は店員に聞くようにしてるんす。どうやらそのCDは店員さんの知り合いがそのお店の雰囲気に合った曲を集めた手作りベスト。故に店員さんは曲名全く知らず。知ってる曲もあったけどかなりマニアック)

曲名が知りたくてShazam君に聴かせまくったこのCDだけは、どの曲を聴かせても「一致する曲がありません」の一点張り





車の中で聴かせたラジオの曲でも、試しに聴かせた家にあるマニアックな曲でも

ほぼ全て曲名出るのに。。






何?
何が気に入らないの?



この記事へのトラックバックURL
http://sirfunkness.blog109.fc2.com/tb.php/331-bdf77d34
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
便利ですね

そのCDだけ…不思議ですね
それ、きっとCDがおかしいんですよ笑
ピーナッツ | 2010.10.13 23:24 | edit
わたしもそれ活用するんですけど、
わたしが気に入ったもの、ほとんど、気に入らないみたいで、一致する曲ないよの一点張りなんです(>_<)泣

聴かせ方が悪いんですかね?
雑音とか?
まさこ | 2010.10.14 01:34 | edit
某ヴィジュアル系バンド流行りましたね~。あの頃はヴィジュアル系もいろいろ聴いてました、懐かしい。

一致する曲がないということは、曲自体が市場に出回ってないとか?んなことないか…
恐らく膨大な量のデータと照合するんだろうに、それに引っ掛からないっていうのは逆にスゴイな~(曲が)と思いました。よく分かんないですけど。
くみこ | 2010.10.14 05:56 | edit
あっきー面白い^m^
でも、何か気に入らないことがあるんでしょうね☆
そのアプリいいですね~!
クラッシックや、インストにも強いのかな~。そうだったら欲しいな~。
Naochan | 2010.10.14 12:57 | edit
>ピーナッツさん
便利すぎますよね(笑
そのCD以外にも一致しないの結構出てきたんで、ただデータベース上にないもの聴かせただけらしいですね…
あきら | 2010.10.15 18:52 | edit
>まさこさん
カフェで雑音アリの小音で聴かせても一致したんで、ただデータベースにないだけっぽいです。。
全世界中の曲って考えると当然か…笑
あきら | 2010.10.15 18:56 | edit
>くみこさん
全盛期でしたからねあの頃(笑
曲自体は市場に出回ってて、ただマニアックなものとか古いもの聴かせただけっぽいですね~
元々信じられないアプリだし、引っかからない曲がまだあるのも当然かもですね(笑
あきら | 2010.10.15 18:58 | edit
>naochanさん
ブログ上ではぐちぐち言いましたが、便利なことには変わりないし素晴らしいアプリですよ~
インストもクラシックも試したことないですねそう言えば、、笑
今度試してみます!
あきら | 2010.10.15 19:01 | edit
すっごいねぇぇええぇぇえそれ!!
やまだはるな | 2010.10.17 03:48 | edit
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。